若い女性こそ積極的に婚活を進めたほうがお得です

女性の視点と男性の視点は、基本異なっています。

一般的に男性は大局的な視点を持っていて、計画の立案や論理的思考が得意です。

その一方で視点がピンポイントになりがち、感覚的な処理が苦手、といった難点も抱えています。
対して女性は一歩先の物事を考えるのが得意です。

物事の同時進行も得意で、更には現実的な経済感覚を持っているため、ロマンチックになりやすい男性に比べ、安定したキャリアと貯蓄を築きます。

ただ女性は男性に比べて、感覚的な部分が多く、数字や論理性、パソコン作業全般を苦手とする一面があるのです。

最近は女性の結婚離れが問題視されていますが、先に挙げましたように、男女の能力は一長一短です。

男女が共に生活する事で、欠点を互いに補う事が出来ますので、頑張って一人暮らしを続けるより、婚活を進めましょう。

20代、30代といった若い間に婚活を済ませるのも良い方法です。

第一子を20代の間に出産すれば、子育ても楽になります。

女性の価値は若さでは測れませんが、現実問題として、やはり若い間の方が、モテるという実態がありますから、恋愛モードから婚活モードに、25歳前後から切り替えた方が得策です。

大まかでも良いので、自分の将来プランを想像しましょう。

お付き合いのお誘いは男性がリードするもの、といった常識がありますが、今では女性から告白するパターンも増えました。

草食系男子はなかなか積極的に婚約の申し込みをしてこないため、時には女子の方から、積極的にグイグイ迫る姿勢も大事なのです。


Comments are closed here.